グラウンド・エンカウンター

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

ジョン・ルイスはどうも好きになれないミュージシャンの1人である。MJQでの室内楽的音楽には興味もわかない。

しかし彼らが奏でる「朝日の如くさわやかに」の名演には唸ってしまう。だからと言ってMJQファンにはならないが、「朝日の~」ようなひねりがほしい。

本作品はジョン・ルイス名義のアルバムだが、テナー・サックスのビル・パーキンスが参加していたので購入した。しかしである。

このアルバムでジョン・ルイス作曲の「2度東3度西」と言う名曲を発見してしまったのである。例の如くCD棚の奥底に眠っていた1枚だ。

スポンサーリンク

何がいいかと言えば、ジョン・ルイスのピアノ・ソロ。それだけのことである。

2コーラスのソロだろうか?ブルース・フィーリングに溢れ極上の時間を一瞬味わう。

ジョン・ルイスの2コーラスのソロのためにこのアルバムの価値があると言っても過言ではない。ジョン・ルイスをルイスと呼べない所以(ゆえん)である。

ジョン・ルイスは確かに作曲に秀でている。その才能をMJQと言う小さなカテゴリーの中では表現しきれなかったのだろう。

こんな記事も読まれています:


スポンサードリンク