クリフォード・ブラウンに学べ01

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

クリフォード・ブラウン(tp)が注目を集めたのは、アート・ブレーキーのリーダー作「バードランドの夜」であろう。

名前の通りライブハウス、バードランドでのライブ録音によるものだが、ハードバップの夜明けと言われる名盤である。

この後メンバーが入れ替わるが、ジャズ・メッセージャンズの誕生前夜とも言われる貴重盤だ。

ことにブラウンの吹くトランペットは斬新で、確実にビバップから脱皮しようとしている。しかしまだまだビバップ曲の色濃さが残っているのは否めない。

僕がここで注目しているのは何もブラウンだけではない。アルトサックスのルー・ドナルドソンに注目してほしい。

スポンサーリンク

チャーリー・パーカーを吸収しながらも自分のスタイルを既に築いているではないか。

ルー・ドナルドソンと言えば、ソウルフルな演奏を思い浮かべるが、ここで聴かれるドナルドソンは、まさにハードバップそのものである。むしろブラウンの方がビバップ的である。

リーダーのブレーキーは派手なドラミングで有名だが、彼が刻むビートは機会よりも精密である。その辺の所も考慮して聴くと、ブレーキーのよさが、ますます分かって得をした気分になる。

ブラウンはこの後ドラムのマックス・ローチと双頭のコンビを組み数々の名盤を残すも1956年、ブラウンの事故死によりその栄光に幕を閉じた。弱冠25歳である。

こんな記事も読まれています:


スポンサードリンク