マイルス・デイビス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

モード以前のマイルス・デイビスはジャズを楽しんでいる。

本作品も1曲を除いて1954年の吹き込みで、MJQのピアノがジョン・ルイスから、セロニアス・モンクに入れ替わっているだけだ。

1曲目の「ザ・マン・アイ・ラヴ」は特にジャズ史上に残る迷演奏だ。マイルスはテーマを崩しながらトランペットを奏でる。

次いでミルト・ジャクソンのソロに入る。ジャクソンは例の如くブルージーな演奏で聴く側を飽きさせない。

スポンサーリンク

ピアノがモンクに変わると様相が変わってくる。テーマをだるそうに奏でて、果てには演奏をやめてしまう。

ベースのパーシー・へース、ドラムのケニー・クラークのリズム陣の音がスタジオに響き渡り、緊張感が走った時、マイルスが、モンクを促すように、トランペットを鳴らす。

ハッとなったモンクはここでベスト・プレイを聴かせるからすごい。

喧嘩セッションとして有名だが、モンクがマイルスに借金があって、ノー・マネーの仕事に、モンクがやる気が起きなかったと、諸説様々な逸話が残っている。

こんな記事も読まれています:


スポンサードリンク