マイルス・デイビスの調べ01

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

1955年マイルス・デイビスに二つの事件が起こった。一つはニューマイルス・デイビス・クインテットの結成。

もう一つはミュート・トランペットによる新しい可能性を発見したことである。それらが凝縮されたアルバムが「マイルス~ザ・ニュー・マイルス・デイビス・クインテット」だ。

時代はハードバップ期に入っており、マイルスにとっては挑戦だったのかもしれない。何故なら無名のテナーサックス奏者ジョン・コルトレーンを起用したからだ。

ここでマイルスはコルトレーンに、ソニー・ロリンズのような太く緩やかなフレーズを吹かせている。

コルトレーンのアドリブ部を聴くと一目瞭然である。特に1曲目の「ジャスト・スクイーズ・ミー」を聴けばよく分かる。

スポンサーリンク

どう聴いてもロリンズのフレーズではないか。ここまで強制したのは、僕の考えだが、マイルスが本当はロリンズにニュー・クインテットに参加にしてほしかったからではなかったのか。

しかしこれがマイルス・デイビスの黄金のクインテットの誕生になるのだ。「ジャスト・スクイーズ・ミー」のマイルスのテーマの解釈はさすがと言うほかない。

ミュート・トランペットが効いている。 これがマイルスの一番いい時期の出発点とも言えよう。

一番いい時期とは1959年モード奏法を多用した「カインド・オブ・ブルー」が録音される以前のマイルスである。あくまでも私感ではあるが。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク