ダスティ・ブルー

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

ハワード・マギーはビバップ時代に活躍したトランペッターだが50年代に入るとウエスト・コースト、ハード・バップと次から次へとビバッパーを飲み込んでいった。

50年代は2枚のアルバムをベツレへム・レーベルに残している。

しかし60年代に入ると俄かに状況が変わってくる。本作を含め数々の名盤が残されている。

いや、知られざる名盤とも言っておこうか。本作品の中でまず聴いてほしいのが2曲目の「サウンド・オブ・ミュージック」である。

ご存知ミュージカル、サウンド・オブ・ミュージックのテーマ曲である。マギーはここでマジックを見せる。

スポンサーリンク

見事にスイングさせてみたのだ。これには驚かされる。一聴して「サウンド・オブ・ミュージック」と気づかせない念のいれようだ。

「名盤の影にトミフラあり」と言われるように、ここまで紹介してきたアルバムにはピアノのトミー・フラナガンが参加しているアルバムが多いではないか。このアルバムもその例に漏れない。

無意識だったが名言は事実であったと言う所か。とにもかくにも初心者にはぜひ1度耳にしてもらいたい1枚である。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク