ウォーン・マーシュ・カルテット

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

ウォーン・マーシュを初めて聴いた時は衝撃的だった。

下手・・。いや実はそれは僕のジャズ歴が浅すぎて、マーシュの良さが分からなかったのだ。

マーシュの良さはのらりくらりと、聴く側をはぐらかすところにある。

2曲目の「ニューヨークの秋」を聴いていただきたい。ピアノがテーマを奏で、次いでマーシュの、デフォルメをしたメロディーが流れてくる。

こうなるともうお手上げだ。マーシュの術中にはまったも当然。

スポンサーリンク

中々抜け出せなくなる。しかし3曲目の「プラヤ・デル・レイ」を聴くと乗りがいい。

ピアノのレニー・トリスターノに師事したことが要因か分からないが、「ニューヨークの秋」のような演奏も入れておかないと、師匠に叱られる・・。などと勝手に余計な解釈をしたくなる。

しかしマーシュはやはり乗りで聴いていただきたい。5曲目の「エブリシング・ハプンス・トゥー・ミー」は名演である。

編曲のよさ、マーシュのバラッド・プレイのカッコよさ。一度は聴いてほしい1曲である。

マーシュは下手ではなかった。テナーの名手である。

こんな記事も読まれています:


スポンサードリンク