チャーリー・パーカーならこの一枚

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

チャーリー・パーカーは言わずと知れたモダン・ジャズの父である。パーカーは1940年代にビバップなる音楽を生み出した。

それまでのスイングやディキシースタイルとは違い、ミュージシャンがアドリブを重視したスタイルがビバップである。

奏法などはここでは多くは語らないが、簡単に説明すると、スイング・ジャズなどが多くを取り上げたスタンダード中心の楽曲取り上げるのは稀で、ほとんどがアドリブのために、スタンダードにコードを乗せた自作曲が中心であるである。

初心者には全く不向きなビバップだが、ジャズに聴きなれてくると、ジャズを探求したくなる。それはどの趣味の分野でも同じだが、ビバップも避けては通れない道なのだ。

その代表格がパーカーであるが、パーカーの作り出す楽曲は魅力的で、今でも多くのミュージシャンに取り上げられている。しかし、これも初心者には理解しがたいだろう。

スポンサーリンク

パーカーを聴くなら「ウィズ・ストリングス」あたりが妥当ではないだろうか。そこにはパーカーの新しい音楽への試みと、リラクゼーションが聴いてとれる。

CBS盤がお勧めだが、今は廃盤で手に入れるのは難しいだろう。ヴァーヴ盤なら手ごろな価格で手に入るはずである。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク