アット・ザ・オペラ・ハウス

スタン・ゲッツ、J・J・ジョンソンによる1957年9月29日のドキュメントを録音したものである。

このCDにはモノラル盤とステレオ盤が入っていて、同曲が4曲あり、その聴き比べをするだけでも、楽しめる内容になっている。

ゲッツ、J・Jの2人のインプロバイザーは極限のプレイを繰り広げる。特に気分屋ゲッツは、その日の状況により良くも悪くもなる文豪である。

この日はスタン・ゲッツらしからぬハードなプレイを聴かせてくれる。

ファンキーなゲッツを聴けるのも珍しい。またゲッツが自分のアルバムであまり取り上げたことのない、ビバップを演奏しているのが面白い。

J・Jのテクニックにはいつもビックリさせられるが、この2人の息のあったプレイには、ただただ驚かされるばかりである。

特に「クレイジー・リズム」のゲッツの表現法はハード・バップに徹していて、やはり時代に即した演奏をするのがゲッツだと改めて再確認できる。

個人的にはモノラル盤の方が好きだが、意見が分かれるところだ。

モノラル盤はテンポも速く、ゲッツ、J・Jのよりスリリングなプレイを聴くことが出来る。

こんな記事も読まれています:




 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ ⇔ 関連ブログ!カテゴリーランキング