ダウン・ホーム

ズート・シムズの代表作であり、全曲見事にスイングさせている所がまたすごい。

1曲目の「ジャイヴ・アット・ファイヴ」はカウント・ベイシーの演奏でも有名だが、ズートの「ジャイヴ・アット・ファイヴ」も負けず劣らず素晴らしい。

この居心地のよいスイング感はズート独特のものであり他の追随を許さない。それはズートのテナーの音色によるものだろう。

ズートはレスター・ヤング派でレスターにもっとも近い存在としても知られている。

レスター派には白人ミュージシャンが多くメロディアスなインプロビゼーションを得意とすることで知られている。

故にチャーリー・パーカーの影響はさほど受けてないと考えてもいいだろう。特にズートのフレーズはレスターを消化した独自の吹奏法を確立している。

それらを踏まえて3曲目の「アヴァロン」を聴いていただきたい。「アヴァロン」で乗れなかったら、ズートはあきらめた方がいい。

「アヴァロン」の疾走感、縦ゆれのスイング感。このアルバムのハイライトと言ってもいいだろう。初心者の皆さんぜひ「アヴァロン」を一聴あれ。

こんな記事も読まれています:




 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ ⇔ 関連ブログ!カテゴリーランキング